トップページ >> ニュース >>ニュース情報 >> 女性のプライベートケアの日常的な方法は?
詳細

女性のプライベートケアの日常的な方法は?

女性の秘所ケアは、きちんとしていないと炎症を起こしやすいので、自分の健康のためにも、女性の秘所をケアするルーティンを身につけておきましょう。日常生活の中では、女性専用の浴槽ケアが必要です。普段、プライベートを洗うときは、水で洗うのがよいでしょう。女性用洗剤はおすすめしません。ボディソープや石鹸は使わないように注意しましょう。

09334464082_630x420.jpg

女性のプライベートケア方法


1、専用の鉢を使う


女性は必ず自分の専属の盆があってプライベートな所を看護して、更にそれをして使うことができなくて、その上この専属の盆もよく洗います。しばらく使っていると、縁や壁に汚れが付着してくるので、石鹸類を使ってきれいにする必要があります。自分が毎日使ったら壁を水で洗う。


2、日常の洗い方


普段、秘所を洗うときは水で洗いましょう。女性用の洗浄液を使う必要はありません。ボウルに沸かしたお湯を入れ、冷ましすぎずにそのまま洗います。


3、白い帯が異常


白い帯が多い場合は、重曹や塩を使う。水に2、3粒の重曹や塩を加えると消炎効果がある。


4、経期ケア


月経期であれば、洗浄の際に女性液を勝手に使ってはいけません。炎症を抑える必要がある場合は、ヨードボルトを使う。清水にヨードボルトを少し入れて、そのまま洗います。生理用ナプキンも信用できるものを買ってこそ、安心して使える。生理用ナプキンはこまめに交換して、二次感染を防ぎましょう。


5、パンツをこまめに取り替える


清潔なパンツに替えてこそ、プライベートな場所も清潔に保てます。下着を洗って風通しのいい日光の当たる場所にぶら下げると、日光のように細菌を殺すことができます。


6、隠し場所の臭い


陰部の臭いが強い場合は、局所洗浄を頻繁に行い、一日に少なくとも二回、水か濡れたタオルで下部を清潔にすると効果的に改善されます。温度が高いと隠し場所に菌が繁殖しやすくなりますので、専用の洗剤やウェットシートで軽く拭きましょう。ただし、頻繁に使ってはいけません。プライベートの清潔作用が弱まってしまうので、味が濃いときや生理が終わる前に使うようにしましょう。


7、膣の炎症


膣に炎症があれば、まずきちんとした病院に行って、具体的な疾患の治療方法を確認しなければならない。食事は淡白で、辛い刺激を避けて、生湿熱あるいは傷陰血を醸すことを避ける。風邪や発熱などのちょっとした病気のときは、抗生剤の使用には注意しましょう。日常のお掃除には、ph4の弱酸性女性ケア液をお使いください。膣炎にかかった場合は、医師の指示に従って夫婦で治療する。


女性のプライベートケアに関する注意点


1、健康な人にとって、婦人科用洗剤は勝手に使ってはいけない。婦人科用洗剤には殺菌成分が添加されていますが、健康な人が使うと、秘所の常在菌を壊したり、膣内の酸とアルカリのバランスが悪くなったりして、会陰肌にダメージを与える可能性があります。そのため婦人科洗液は医師の指導の下で使用することが望ましいが、健康な人は婦人科洗液を頻繁に使用することは避けたい。


2、一般的なボディソープや石鹸もプライベートには向かない。ボディソープや石鹸はアルカリ性であることが多いですが、プライベートは弱酸性です。ボディソープや石鹸を使い続けると、プライベートの酸性・アルカリ環境が損なわれ、プライベートの自浄机能にも悪影響を及ぼし、婦人科系の病気に侵されやすくなります。


3、婦人科的症状のない女性の場合、プライベートな場所をきれいにするのに最適なのが水です。日常的には、入浴時にぬるま湯で外陰の肌を洗い、膣内を洗わないように注意しましょう。


4、適切なパンツを選んで、最も良いのは通気性が適したサイズがあって、毎日1回パンツを交換して、細菌増殖を避けて、パンツを洗う水の最低温度は40度です。


Tel:400-8017113 

Distribution agent: 15575805614

Live collaboration: 18801623972

Email:vigram_ppch@163.com

Adress:大分県別府市大字鶴見1356番地6番地




 私たちについて

テクニカルサポート: CLOUD | ログインの管理
seo seo