トップページ >> ニュース >>ニュース情報 >> 女性の産後プライベートケアこの6つのポイントを覚えておく清潔がカギです
詳細

女性の産後プライベートケアこの6つのポイントを覚えておく清潔がカギです

出産後は子宮からの露出が少なく、膣、子宮頸部、外陰、子宮内の傷が完全に癒えていない場合もありますので、感染症にかからないようにプライベートケアをしましょう。


女性が産後に忘れない秘所ケアの3ステップがポイントです


赤ちゃんを産んだばかりのお母さん、特に安産の人は、出産時に患部に傷ができるため、特に感染症や炎症を起こしやすくなります。もちろん、入院している間に医師が掃除やケアをしてくれることもありますが、あくまで一時的な数日間です。退院してからもプライベートケアは自分でやらなくてはなりません。産後のおりものが増える、傷口が痛む、露出が出るこれらはすべて新米ママの痛みだけではありません。傷口を早く回復させ、露出を早めになくすために、プライベートケアでは3つのルールを意識しましょう。


出産後のプライベートケアの最初のステップは、プロの生理用ナプキンを使うことです。赤ちゃんを産んだ後は、普通の生理用ナプキンを使い始めます。生理用ナプキンの量は多く、陰部感染症を避けるために、母親はプロの生理用ナプキンを使う必要があります。


また、産後の陰部を清潔に保ち、下着はこまめに交換します。傷口の抜糸後は日常的な掃除やケアを行うべきです。陰部をアルカリ性の石鹸で洗うのは避けましょう。


第三に、傷口の陰部に著しい痛みや異常な分泌物があれば、直ちに病院で検査を受けなければなりません。


きちんとしておくべき6つのケアのポイント


1、大小便の後はよくすすぐ


大小便の後はぬるま湯で会陰を洗い流します。拭く時は行ってから拭くか、直接押して拭くようにしましょう。拭い回しは禁物です。抹茶で皮膚を傷めないように。水の流れが強すぎたり、強すぎたりすると、保護膜が破れたり、生殖器感染症の原因となる汚れた水が膣内に流れ込みやすくなります。


2、生理用ナプキンはこまめに交換します


産後しばらくは悪露が出ますので、生理用ナプキンを使うときは、最初は1時間に1回、その後は2時間に1回程度、こまめに交換するよう心がけましょう。コットンを交換する際には、膣内細菌による汚れを防ぐために、前から後ろへと取り除いてください。


3、体を清潔に保つことです


月の期間中も、体を清潔に保ちましょう。浴槽や腰風呂ではなく、お風呂やシャワーで体をきれいにしましょう。洗浄後は患部を清潔に乾燥させ、感染しないように注意します。


4、腹部をマッサージして悪露の排除を助けます


安産の新米ママは、円を描くようにお腹や子宮の位置をマッサージして、悪露をスムーズに排出させます。帝王切開をした新しい母親は傷があるので、この動作はできません。


5、栄養バランスがとれています


新しい母親は毎日の栄養を確保し、体に十分な栄養を補給しなければなりません。傷口の回復を助けるために、ビタミンC、ビタミンA、ビタミンEを多く含む食品をたくさん食べましょう。


6、休憩に気をつける


出産後の休息は、重いものを運んだり引き上げたりしないように気をつけなければなりません。月子の前2周間に、もし立った姿勢を取って赤ちゃんを抱くならば、持続時間は長すぎてはいけません。


お母さんは毎日の習慣をつけて、産後2周間くらいまでは自分から鏡で見るか、ご主人に見てもらうようにしてください。傷口が赤く腫れている、裂けている、出血している、膿が出ている、熱があるなどの場合は、速やかに医療処置を受けたほうがいいでしょう。また、出産後の傷口の痛みは正常で、体質にもよりますが、一般的には産後1 ~ 2周間以内に痛みは徐々に軽減されますが、さらに痛みがひどくなる場合は、医師の診察を受けましょう。


Tel:400-8017113 

Distribution agent: 15575805614

Live collaboration: 18801623972

Email:vigram_ppch@163.com

Adress:大分県別府市大字鶴見1356番地6番地




 私たちについて

テクニカルサポート: CLOUD | ログインの管理
seo seo