トップページ >> ニュース >>ニュース情報 >> 雨に降られた女性のプライベートケアプライベートケアの3つのポイント
詳細

雨に降られた女性のプライベートケアプライベートケアの3つのポイント

夏の雷を伴って、雨にぬれた後にすぐに処理しないと健康を損ねやすくて、特に女性の友達は雨の日に水の害が多いです。


女性の場合、雨に降られたり、冷たい水を浴びると手足が冷えたり、だるくなったり、関節がだるくなったりすることがありますが、これは寒気が女性の体の中に入ってくるからです。ある研究によると、女性の体のセンサーシステムは男性のそれよりもずっと敏感で、女性の皮膚は刺激を受けると瞬時にセンサー神経を通じて脳に伝わります。これらの情報を脳が受け取ると、体の各臓器に素早く伝わり、各臓器は短時間でストレスに反応します。女性の皮膚は冷たい水に刺激されると、瞬間的に血管が自然に収縮し、子宮の血管の収縮が子宮体の収縮を引き出します。女性特有の生理期、生理期、妊娠期などは、もともと体の抵抗力が弱い時期なので、冷たい水の刺激が婦人科系の病気を誘発したり、風邪や発熱などの症状が出やすくなります。


排水システムが敏感でないため、水が速やかに排水できない、汚染物質が路面に混じり、特に環境衛生条件が悪い場所で、もし衛生に注意しなければ、白い帯異常、膣炎、骨盤腔炎などの婦人科疾患が虚を突く、女性の生殖健康と胎児に深刻な危害があります。産婦人科の専門家によると、生理中の女性にとって、雨にぬれたり、冷たい水を浴びることは宮寒、膣炎、骨盤腔炎、付属炎などを引き起こし、ひどい場合は女性不妊につながる可能性もあるという。女性は冷水に触れる机会を減らすべきだ。


雨汚れには多くの細菌が含まれています。足が長い時間雨に浸かっていると、さまざまな微生物に侵されやすくなり、水虫を誘発しやすくなります。足の指が赤くなったり、爪の周りに小さなうみができたりすると、甲溝炎になることもあります。


雨の日に家に帰ったら、次のことをします。


その1雨に降られたらお風呂に入りましょう。雨水の中にはたくさんの細菌がいます。そのためには、帰宅後にシャワーを浴びること、そして入浴時には必ず殺菌作用のある入浴剤が必要です。また、足を長時間水につけている場合は、30分ほど塩水につけてから入浴します。


二、雨にぬれた後に秘部位は注意しなければなりません:大雨の中でぬれた時間が過ぎて、全身がすべてずぶぬれになることをもたらすことができ(ありえ)ます。雨に濡れた下着は秘所に密着しているので、時間が経つと細菌が膣内に入り込み、婦人科系の病気を引き起こします。この時、専用のケア液で下部を洗浄し、洗い流します。


三、衣服を消毒して分けて洗います:雨の後の衣服をぬれたことがあってタイムリーに消毒して、雨の中で大気の中の各種の汚染物質があるためです。ひどいときもありましたが、多くの人が路上のいろんな汚物が混じった雨にまみれて帰宅しました。家に帰ったらすぐに服を脱ぎ、別の服と分けます。また、洗浄の際は消毒液に浸してから殺菌を徹底します。


Tel:400-8017113 

Distribution agent: 15575805614

Live collaboration: 18801623972

Email:vigram_ppch@163.com

Adress:大分県別府市大字鶴見1356番地6番地




 私たちについて

テクニカルサポート: CLOUD | ログインの管理
seo seo